> > セブンイレブン、生ごみ処理機を設置 液体肥料にリサイクルする研究スタート

セブンイレブン、生ごみ処理機を設置 液体肥料にリサイクルする研究スタート

記事を保存
セブンイレブン、生ごみ処理機を設置 液体肥料にリサイクルする研究スタート

セブン&アイ・ホールディングスは、化学メーカーのクラレ、東京農業大学、東北大学等と連携して店舗から出る食品残渣の液体肥料化、液体肥料の野菜栽培への活用等の研究に着手した。

今回の事業では、まず2015年2月よりセブンイレブン数十店舗にクラレ等と開発したオリジナル仕様の小型生ごみ処理機を設置し、食品残渣の液体(分解液)化の運用検証を進めていく。既に東京農業大学と、分解液を使った栽培試験については実施中である。同時に、東北大学との連携により、分解液の液体肥料化、その活用に関する研究も開始する。

こうしたコンビニエンスストアへの生ごみ処理機の設置、ならびに独自スキームによる食品残渣の液体肥料化への取り組みは国内小売業では初めて。

以前からセブン&アイ・ホールディングスは、傘下の総合スーパー、イトーヨーカ堂において、店舗から排出される食品残さ(生ごみ)を堆肥の資源として再利用し、同社が運営する専用農場に導入、そこで栽培・収穫された農産物を食品残さが排出された店舗等で販売する「環境循環型農業」を実践していた。この時点ではスーパーでのリサイクル事業の実践だったが、今回は同事業をコンビニエンスストアに対して展開・拡大した。

同社グループは売上高に占める食品の比率が約6割と高いことから「食品リサイクル率の向上」を重要テーマとして掲げており、これからも食品残渣の飼料化・堆肥化、環境循環型農業「セブンファーム」の取り組みを推進していく方針だ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.