> > 進む「電力のまとめ買い」 四電、マンション一括受電サービスで2社と提携

進む「電力のまとめ買い」 四電、マンション一括受電サービスで2社と提携

記事を保存
進む「電力のまとめ買い」 四電、マンション一括受電サービスで2社と提携

あなぶきパワー&リースとSTNet(香川県の情報通信業)、四国電力の3社は、今月から、マンション向け一括受電サービスについて業務提携すると発表した。

同サービスは、従来、電力会社が各戸までの電力設備(受変電設備・引込線・メーターなど)を保有し入居者ごとに行っていた電力の低圧契約を、一括受電事業者が同設備を保有し、マンションの電気を一括して電力会社と高圧契約し、各戸へ低圧に変圧して電気を供給するサービス。

あなぶきパワー&リースは一括受電事業者として、既に同サービスをマンション109棟(6,300戸、2014年11月末現在)で展開する実績を持つ。この業務提携により、あなぶきパワー&リースは、同社が四国地域で同サービスを提供するマンションにおいて、四国電力グループから受変電設備の保守等に関するサポートを受け、緊急時のバックアップ体制を構築するなど、サービスの向上を図ることができる。

また、四国電力グループでは、STNetが同サービスへ来年3月を目途に事業参入し、今回の提携を通じて、先行するあなぶきパワー&リースの協力を得ながら同社が四国地域で同サービスを提供するマンションへ電力を供給する。詳細な事業スキームは、今後固まり次第発表される予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.