> > 節電への協力で「ひかりTV」のポイントを付与 大規模HEMSのトライアル事例

節電への協力で「ひかりTV」のポイントを付与 大規模HEMSのトライアル事例

記事を保存
節電への協力で「ひかりTV」のポイントを付与 大規模HEMSのトライアル事例

NTTぷららは、経済産業省が実施する「大規模HEMS情報基盤整備事業」に参画し、「ひかりTV エコでポイントサービス(仮)」のトライアルを2015年4月から2016年3月まで実施する。

同サービスは、同事業で募集しているモニターを対象に、節電協力をメールにて依頼し、その後、節電の成果に応じて「ぷららポイント」を付与するサービス。節電の結果は、各家庭に設置されたエネルギーマネジメントシステム(HEMS)を通して確認する。付与された「ぷららポイント」は、1ポイントを1円分として換算し、「ひかりTV」のさまざまなサービスに利用できる。

省エネ・節電への意識の高まりとともに、家庭内のHEMSが注目される中、今後、同社は新たな取り組みとして、ひかりTV対応チューナーにHEMSを実装するなど、ひかりTVのエンターテイメントサービスと融合させたHEMSの検証を進める方針だ。

経産省の「大規模HEMS情報基盤整備事業」は、民間主導により HEMS 普及促進、一般家庭における経済性の高いエネルギーマネジメントの実現に向け、多数の HEMSを一元的にクラウド管理し、電力利用データの利活用を推進する事業。同事業において、合計20社の事業者が参画する「iエネ コンソーシアム」が採択され、それぞれの事業者が新規ビジネスの創出・経済活性化を目的として効果検証を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.