> > 神奈川県がスマートエネルギーセミナー 電力小売自由化の事業モデル紹介

神奈川県がスマートエネルギーセミナー 電力小売自由化の事業モデル紹介

記事を保存

神奈川県は、県内中小企業を対象にした「スマートエネルギーセミナー」を平成27年2月3日に開催する。

2016年の電力小売自由化を踏まえた新たなビジネスモデルと、これからの太陽光発電事業の姿についての講演を行う。場所は神奈川県民ホール(横浜市中区)。参加無料。先着順で150名に達し次第受付を締め切る。なお、会場内には講演社(者)のブースを設け、来場者(企業、一般県民)からの商談や相談を受け付ける。

講演「2016年電力小売自由化を踏まえた新たなビジネスモデルの展開」には、パナソニック・エプコエナジーサービス、東芝社会インフラシステム社、エナリス(湘南電力)、講演「これからの太陽光発電事業の姿」には、NPO法人 再エネ事業を支援する法律実務の会、シャープ、横浜環境デザインが登壇予定。

国内では、2016年を目途とした電気の小売業への参入の全面自由化により、自分で産み出した電力を自由に売ることができるようになる。さまざまな企業がこの動きを踏まえた新しい事業を実施し始めている中、今回のセミナーでは、新たなビジネスモデルの展開を紹介する。

また、スマートコミュニティの構築を目指した住宅のスマート化の流れや、自己負担なしで戸建て住宅に太陽光発電設備を設置できる「屋根貸し」神奈川モデルなど、これからのエネルギー事業に影響を与え得る動きを紹介し、新たなビジネスチャンスの創出を図る。

【参考】
神奈川県 - スマートエネルギーセミナーを開催します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.