> > 原発の廃炉、費用はどうする? 経産省、電力システム改革も見据え議論進める

原発の廃炉、費用はどうする? 経産省、電力システム改革も見据え議論進める

 印刷 記事を保存

経済産業省は、16日に、原子力発電に伴い発生した高レベル放射性廃棄物の最終処分方法・政策について議論するワーキンググループ(WG)を、17日に、原子力発電の廃炉に関わる会計制度に検証するワーキンググループ(WG)を開催した。

廃炉に係る会計制度検証WG(第4回)について

17日の廃炉に係る会計制度検証WG(第4回)では、電力システム改革・自由化の進展を見据え、原子力発電の廃炉を円滑に進めるための会計関連制度の設計について、議論した。

政府は、エネルギー基本計画において、原発依存度を可能な限り低減させる方針を決定しており、自由化により競争が進展した環境下でも、円滑な廃炉を含めた原子力事業を実施できるよう、事業環境の在り方について検討を行う必要がある。

(※全文:1,182文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.