> > 東京都・伊豆大島の電力系統、ハイブリッド型蓄電システムの実証試験開始

東京都・伊豆大島の電力系統、ハイブリッド型蓄電システムの実証試験開始

 印刷 記事を保存

日立製作所と新神戸電機は、24日、東京電力管内の東京都伊豆大島で、系統の安定化に貢献するために、鉛蓄電池とリチウムイオンキャパシタを組み合わせた1.5MWハイブリッド大規模蓄電システムの実証試験を2015年度より開始すると発表した。両社は、東京電力と実証試験の開始について合意した。

本システムは、両社がNEDOプロジェクトにおいて開発したもの。本システムでは、ピークシフトやピークカットに対応するための電力貯蔵に有利な「高入出力・長寿命鉛蓄電池」と、電圧および周波数の短周期変動を抑制するのに有利な「リチウムイオンキャパシタ」を組み合わせ、最適な電流の入出力制御技術を適用することで、短時間で大電力の充放電が可能とした。これにより、出力変動の緩和や余剰電力の再利用、周波数の安定化を実現する。

本実証実験では、本システムを伊豆大島の電力系統に接続し、ピークシフトや短周期変動抑制の機能およびその寿命など、ハイブリッド大規模蓄電システムの有効性について検証・評価を行う予定。

(※全文:1,002文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.