> > 福井県、住宅用太陽光発電によるCO2排出権を購入する事業者を募集

福井県、住宅用太陽光発電によるCO2排出権を購入する事業者を募集

記事を保存
福井県、住宅用太陽光発電によるCO2排出権を購入する事業者を募集

環境ふくい推進協議会(福井県)は、住宅用太陽光発電で創出された二酸化炭素排出権クレジットを購入する事業者、団体の募集を開始した。

福井県の補助制度を利用して家庭に太陽光発電を設置した人を会員とした「ふくいおひさまクラブ」では、会員の太陽光発電導入によるCO2削減量(総発電量と総売電量の差)を「クレジット」として認証する国のJ-クレジット制度を活用し、排出量取引を行っている。この排出量取引により得た収入は、同協議会を通じて県内における環境保全事業に活用している。今回、平成24年度認証分のクレジットの購入を希望する事業者、団体を募集する。

募集期間は1月30日。募集対象は県内で活動する事業者または団体。取引量は854t-CO2。

なお、「ふくいおひさまクラブ」は、J-クレジット制度の前身である国内クレジット制度によって排出削減量の認定を受けており、認定された国内クレジットはJ-クレジットと同様の効果を持つ。

【参考】
福井県 - 住宅用太陽光発電で創出された二酸化炭素排出権クレジットを購入する事業者、団体を募集します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.