> > バイオガスを燃料とする燃料電池ができる? 岡山大など、新触媒を開発

バイオガスを燃料とする燃料電池ができる? 岡山大など、新触媒を開発

記事を保存
バイオガスを燃料とする燃料電池ができる? 岡山大など、新触媒を開発

岡山大学大学院環境生命科学研究科の三宅通博教授、岡山県農林水産総合センター畜産研究所の白石誠専門研究員らの共同研究グループは、豚の糞尿由来のバイオガスを燃料とする固体酸化物燃料電池(SOFC)において、バイオガスからの炭素析出を抑制できる触媒の組成を決定し、作動温度600度でLED電球の点灯に成功したと発表した。同共同研究グループはこの研究成果を、日本セラミックス協会2015年年会および国際誌で発表する予定だ。

SOFCの作動温度の低温化を図る際、バイオガスを燃料とするSOFCの開発では、バイオガスからの炭素析出が大きな障害となる。同開発研究では、炭素析出を抑制できる触媒の組成を決定し、改質バイオガスを燃料として発電試験を行ったところ、バイオガスを直接燃料とする先行研究の作動温度より約200度低い600度でLED電球を約4時間点灯することができた。その際、炭素析出はほとんど見られなかった。これにより、炭素析出を抑制することで、バイオガスを燃料とする中温作動型SOFCを実現する可能性を示唆した。

同共同研究グループは、5年前から豚糞尿由来のバイオガスの高効率利用(利用効率50%以上)を目指して、バイオガスを燃料とする中温作動型SOFCの開発研究を行ってきた。この研究成果によって、バイオガスを燃料とする中温作動型SOFC(作動温度800度以下)が実現されれば、分散型電源の充実によって、再生可能エネルギー源の高効率利用が期待される。

【参考】
岡山大学 - 畜産由来のバイオガスを燃料とする固体酸化物燃料電池の開発

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.