> > 栃木県、再エネ導入への支援を改めてアピール 長期・低利の融資や補助金など

栃木県、再エネ導入への支援を改めてアピール 長期・低利の融資や補助金など

記事を保存

栃木県は、同県が行う再生可能エネルギーの導入に対する支援について改めて周知した。

補助金等支援策については、再生可能エネルギーの導入による地球温暖化対策や災害に強い地域づくりを推進するため、再生可能エネルギー発電施設を設置する中小企業を長期・低利の資金融資により支援する「環境保全資金(再生可能エネルギー発電設備設置)」を実施している。

これは、太陽光風力、水力、地熱、バイオマスを利用する発電施設の設置を対象に、融資利率1.50%、融資限度額所要経費の90%以内で、500万円以上1億円以下で融資を行うもの。平成26年度の予算額は10億円。

県ではこれまで「地域貢献型メガソーラー導入支援事業」「とちぎ温泉熱エネルギーモデル事業」も実施している。また、県が設置した再生可能エネルギー導入施設(水力発電所「川治第一発電所」「風見発電所」「板室発電所」、バイオガスプラント「畜産酪農研究センター」)の見学受け入れも行っている。

市町の支援制度としては、宇都宮市で「節電対策特別資金」「環境保全対策資金」、足利市で「事業用エネルギーマネジメントシステム導入補助」、鹿沼市で「大規模太陽光発電施設設置促進補助金」、小山市で「事業所用太陽光発電設備設置費補助金」、那須烏山市で「省エネルギー化促進資金」「企業立地奨励金」、塩谷町で「工場誘致条例」、那須市で「再生可能エネルギー発電所立地奨励金」を設け、支援を行っている。

【参考】
栃木県 - 再生可能エネルギーの導入に対する支援について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.