> > 有機EL照明で「光るチューリップ」5000本 ハウステンボスのイルミネーション

有機EL照明で「光るチューリップ」5000本 ハウステンボスのイルミネーション

記事を保存
有機EL照明で「光るチューリップ」5000本 ハウステンボスのイルミネーション

コニカミノルタが開発した「樹脂基板フレキシブル有機EL照明パネル」が、ハウステンボス「チューリップ祭」に採用された。世界初の「光る有機ELチューリップ」フラワーイルミネーションである。「チューリップ祭」は2015年2月14日~4月13日に開催される。

有機EL照明パネルは、薄い、軽い、面光源、多方面に曲がるという従来の照明にない特長がある。また、高いエネルギー利用効率や少ない発熱に加え、水銀を使用しないなど、環境性能でも注目されている。

「光る有機ELチューリップ」は、フレキシブルタイプの有機EL照明ならではの薄さ、軽さ、造形の自由度を活かし、ハウステンボスとイルミネーションの仕様・機能などについての意見を交換しながら、両社で共同開発したもの。

「チューリップ祭」では、3大チューリップスポットのひとつ「フラワーロード」に、約5,000本の「光る有機ELチューリップ」が使用され、『光のチューリップガーデン』を形成。「チューリップ祭」全体では、合計約15,000枚の有機EL照明パネルが使われる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.