> > 東京ガス、水素の販売価格1100円/kgに決定

東京ガス、水素の販売価格1100円/kgに決定

記事を保存

東京ガスは、燃料電池自動車向けの水素の販売価格を1,100円/kg(税別)に決定した。

同社は、昨年12月に関東初の商用水素ステーション「練馬水素ステーション」(東京都練馬区)を開所しており、経済産業省資源エネルギー庁が昨年6月に発表した「水素・燃料電池戦略ロードマップ」の中で掲げた販売価格の実現に向けて、販売する水素の価格を検討してきた。

同ロードマップには「水素価格については、2015年の燃料電池自動車の市場導入当初からガソリン車の燃料代と同等以下となることを、2020年頃にハイブリッド車の燃料代と同等以下となることを、それぞれ実現することを目指す」と記載されており、同社は燃料電池自動車と同車格のハイブリッド車に必要なガソリン代と同程度の水準に価格を設定した。

水素の販売価格については昨年、岩谷産業が1,100円/kg(税別)、JX日鉱日石エネルギーが1,000円/kg(税別)とすることを発表している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.