> > 東レ、白色LED用の「蛍光体シート」開発 明るさ10%アップ、製造コストも削減

東レ、白色LED用の「蛍光体シート」開発 明るさ10%アップ、製造コストも削減

 印刷 記事を保存

東レ(東京都)は、投入電力を上げることなく白色LEDデバイスの輝度を10%以上向上させることできる「白色LED用蛍光体シート」を開発し、本格的な販売を開始する。

このシートは、同社独自の蛍光体分散技術によってシート状(厚み40μm~)に成形したもの。シリコーン樹脂の屈折率を制御することにより、LEDデバイスの輝度向上に成功した。蛍光体の高濃度充填による薄膜形成が可能なため、従来工法に比べて放熱性にも優れており、投入電力を上げて輝度向上を図ることも可能。

(※全文:890文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.