> > 愛知県名古屋市、豊田市に商業用水素ステーションが完成

愛知県名古屋市、豊田市に商業用水素ステーションが完成

記事を保存
愛知県名古屋市、豊田市に商業用水素ステーションが完成

豊田通商と日本エア・リキードは、名古屋市(熱田区)と豊田市の2カ所で建設を進めていた水素ステーションが竣工し、1月19日に竣工式を行ったと発表した。営業開始は2月中の予定。トヨタ「MIRAI」などの燃料電池車が水素を補充できる。

名古屋熱田水素ステーションは名古屋市中心部で、また豊田インターチェンジ水素ステーションは豊田市内で、それぞれ初めての商業用水素ステーション。さらに豊田インターチェンジ水素ステーションは、ガソリンスタンド併設型水素ステーションのモデルケースだ。

これら2カ所の水素ステーションの事業運営は、両社の合弁会社である豊通エア・リキードハイドロジェンエナジーが行う。また、水素供給は、外部から調達した水素を利用するいわゆる「圧縮水素オフサイト方式」で、日本エア・リキードが技術・設備管理および安全管理を行い、豊田通商が経営と管理業務を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.