> > セシウムを含む除染排水を現場で処理、放射能濃度を監視できる可搬式装置

セシウムを含む除染排水を現場で処理、放射能濃度を監視できる可搬式装置

 印刷 記事を保存

フジタは、「水質監視型オンサイト除染排水処理(FOWM)システム」を開発した。同装置は、福島県内の除染現場から発生する放射性セシウム含有の除染排水を作業現場で処理し、同時に処理水の放射能濃度を監視する可搬式の装置だ。

同装置は、除染排水を貯留する原水槽、排水中の懸濁成分を除去する凝集沈殿槽、残留する小さい懸濁物を除くためのろ過槽、処理を終えた水を貯留しモニタリングを行う処理水槽で構成される。

(※全文:585文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.