> > 国立公園内のメガソーラー、「限定的に許容すべき」? 2月9日にパブコメ反映案

国立公園内のメガソーラー、「限定的に許容すべき」? 2月9日にパブコメ反映案

 印刷 記事を保存

環境省は、第4回国立・国定公園内における大規模太陽光発電施設設置のあり方検討委員会を、2月9日(月)に開催する。本検討委員会では、同施設の自然公園内への設置に係るガイドラインの作成に向け、「基本的な考え方(案)」について、素案に対して実施したパブリックコメントの結果等を踏まえて検討を行う。

検討委員会は公開で行う。傍聴を希望する場合は申し込みが必要。

環境省では、検討委員会における検討結果を踏まえ、自然公園法に基づく大規模太陽光発電施設の設置に係る審査の考え方をより具体的に検討することとしている。

(※全文:1,322文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.