> > 世界最大級のCFRPフライホイール 次世代型蓄電システムの大容量化を実現

世界最大級のCFRPフライホイール 次世代型蓄電システムの大容量化を実現

 印刷 記事を保存

クボテック(大阪府)は、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)製としては世界最大級となる直径2メートルのフライホイールの開発に成功した。これは、大容量・大出力の次世代型フライホイール蓄電システムの実現に貢献する。

開発したフライホイールは今年度、次世代フライホイール蓄電システム実証機に組み込まれ、2015年度に米倉山メガソーラー(山梨県)において、系統連系、実証試験を開始する予定。

フライホイール蓄電システムとは

フライホイール蓄電システムは、装置の内部にある大型の円盤を回転させることによって電力を運動エネルギーとして貯蔵し、必要に応じて回転力を再び電力に変換するシステム。劣化のない蓄電池として用途は幅広く、太陽光風力などの不安定な発電システムと組み合わせて電力系統を安定化させたり、鉄道システムの電力有効利用などにも役立つ。

(※全文:914文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.