> > 「省エネ住宅ポイント制度」、申請証明書の発行スタート

「省エネ住宅ポイント制度」、申請証明書の発行スタート

記事を保存

日本ERI(東京都)は、省エネ住宅ポイント制度における「省エネ住宅ポイント対象住宅証明書」および「省エネ住宅ポイント制度用耐震改修証明書」の発行業務を開始した。

省エネ住宅ポイントを申請する際には、申請者は「登録住宅性能評価機関」に、住宅の性能において一定の基準を満たすことを示す証明書が必要だ。評価機関は国土交通省によって認定されており、全国にいくつか存在する。

省エネ住宅ポイント制度は、省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、消費者の需要を喚起し、住宅投資の拡大を図ることを目的とし、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度。

昨年12月27日に閣議決定された「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」に盛り込まれ、平成26年度補正予算が2015年2月3日に成立したことから、エコ住宅の新築及びエコリフォームを実施した場合、様々な商品・サービスと交換可能なポイントの取得が可能となった。

本制度は過去に2度実施された「住宅エコポイント制度」とほぼ同じ。対象は、(1)省エネ性能を満たすエコ住宅の新築、(2)対象工事を実施するエコリフォーム、(3)省エネ性能を満たす完成済みの新築住宅の購入の3タイプ。新築の場合は1戸あたり300,000ポイントが発行される。リフォームや既存住宅は、工事内容ごとにポイントが加算される仕組み。

【参考】
国土交通省 - 登録建築物調査機関の登録状況について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.