> > 2020年のHCFC全廃、日本製エアコンは売れるか? 空調・温水機器の市場予測

2020年のHCFC全廃、日本製エアコンは売れるか? 空調・温水機器の市場予測

 印刷 記事を保存

富士経済は、先進国で2020年にHCFCが全廃となる冷媒/省エネ規制の対応により、日系メーカーの存在感が高まっているヒートポンプ技術を活用した関連機器など、エアコンや住宅向け給湯器など空調機器・温水機器の世界市場について調査した結果を発表した。

エアコンの世界市場において、環境負荷の少ない新冷媒R32(HFC)を採用したエアコンの台数は、2014年の300万台(見込み)に対して、2020年には5,830万台に増加する見通し。また、カーエアコンの世界市場では、環境負荷の少ない新冷媒R1234yf(HFO)を採用するカーエアコンの台数は、2014年の210万台(見込み)に対して、2020年には2,221万台に増加する見通し。

(※全文:1,935文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.