> > 下水処理場のメタンガス、燃料電池で発電 FITで年間168万kWh売電

下水処理場のメタンガス、燃料電池で発電 FITで年間168万kWh売電

 印刷 記事を保存

メタウォーター(東京都千代田区)は、長野県松本市の下水処理工程で発生したバイオガスを発電に利用するため、燃料電池を使用した消化ガス発電設備の運転を2月より開始する。

この「両島浄化センター」では、年間約110万立米のバイオガス(メタン等)が発生している。これまでは、消化槽の加温に3~4割を使用するものの、残りを焼却処分しており、十分有効利用しているとは言いがたい状況であった。

(※全文:618文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.