> > 長野日本無線、HEMSに搭載可能なBルート認証取得のモジュールを発売

長野日本無線、HEMSに搭載可能なBルート認証取得のモジュールを発売

記事を保存
長野日本無線、HEMSに搭載可能なBルート認証取得のモジュールを発売

日清紡グループの長野日本無線(長野県)は、Wi-SUN規格(Bルート)を認証取得した920MHz帯無線モジュール「NHM-10246」を発売した。

同製品はアンテナを内蔵した小型モジュールで、HEMS機器への搭載が可能な次世代通信デバイス。ECHONET Lite対応のネットワーク構築、シリアル・インターフェースによるデータ送受信機能可能。国内電波法に基づく工事設計認証取得済み。

機器との基板一体化などのカスタマイズ、スマートメーター側への対応、外部アンテナ接続への接続も可能。同社はかねてより特定小電力無線を手掛けてきたノウハウを活かし、顧客がモジュールを機器へ組み込む際の相談にも対応する。

同社は、独自プロトコルを用いることで、高速・低電力の実現など、カスタマイズ対応を特長として様々な用途に無線モジュールとシステムを提供してきた。今後は、従来の事業展開に加え、新製品をHEMSコントローラーを手掛けるメーカーへ提供する。

HEMSコントローラの中に組み込み、スマートメーターとの通信を実現する

HEMSコントローラの中に組み込み、スマートメーターとの通信を実現する

経済産業省のエネルギー基本計画に基づき、2020年代早期までにスマートメーターが原則全戸に設置されることとなっている。これに伴い、スマートメーターとHEMSコントローラー間(Bルート)の通信も、今後大きな需要が見込まれる。HEMSは、宅内に設置された創エネ・蓄エネ・省エネ設備機器の電力利用量を見える化し、電力を自動制御・遠隔制御することで低炭素社会への貢献が可能。また、スマートハウスの実現に向けて、省エネ分野にとどまらず、安心・安全や健康・福祉分野においても活用が期待されている。

なお、「Wi-SUN」は900MHz前後の周波数帯の電波で通信を行うことができる国際無線通信規格の一つ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.