> > 熊本県のメガソーラー、国産木製架台を採用 塩害耐性、熱伝導率の低さを評価

熊本県のメガソーラー、国産木製架台を採用 塩害耐性、熱伝導率の低さを評価

 印刷 記事を保存

ソーラーフロンティアは、熊本県八代市において国産木製架台を用いたメガソーラー「SFソーラーパワー株式会社八代発電所」を着工した。

このプロジェクトは、ソーラーフロンティアと日本政策投資銀行の共同設立会社・SFソーラーパワーによるもの。木製架台には、地権者であり木材保存技術を保有するザイエンスのノウハウが生かされている。なお、木製架台は発電施設全体の架台のうち約2割に使用される。

(※全文:556文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.