> > 東京メトロ、日比谷線南千住駅で太陽光発電を稼働 駅施設の照明などに活用

東京メトロ、日比谷線南千住駅で太陽光発電を稼働 駅施設の照明などに活用

記事を保存
東京メトロ、日比谷線南千住駅で太陽光発電を稼働 駅施設の照明などに活用

東京メトロは、2月17日から日比谷線南千住駅において、地上駅の屋根に設置した太陽光発電システムを稼働する。同社として9駅目の太陽光発電システムの導入となる。

今回稼働を開始する南千住駅の太陽光パネルの最大出力は80kW。発電開始後の年間発電電力量は約80,000kWh(一般家庭23世帯分)、CO2は年間約42.4tの排出削減を見込んでいる。発電した電力は、駅のエスカレーター・エレベーター、照明等の付帯用電力に使用し、発電量が多い場合は三ノ輪駅など隣接する駅にも供給する。

同社では、2020年度に向けた長期環境戦略「みんなでECO.」を掲げ、地上駅の屋根上に太陽光発電システムを導入している。これまでに、東西線(西葛西駅~原木中山駅)7駅、千代田線北綾瀬駅の合計8駅に太陽光発電システムの設置を完了している。

なお、今後東西線西船橋駅にも太陽光発電システムを導入する予定であり、西船橋駅の設置が完了すれば、東西線地上8駅合計でメガソーラー規模を達成する「東西線ソーラー発電所」計画が完成する。「東西線ソーラー発電所」計画では、合算による最大出力は約1MWで、年間発電電力量は約100万kWhを見込んでいる。

同社の長期環境戦略「みんなでECO.」では、「東京メトロ自らのエコ化」で掲げる積極的な省エネルギー施策に取り組むことで、2020年度の鉄道事業における総エネルギー使用量を2009年度実績より増加させないという目標を設定している。「東京メトロ自らのエコ化」の具体的な取り組みとして、東西線ソーラー発電所計画など太陽光発電システムの導入をはじめ、駅サインシステムのLED化、環境配慮型車両の導入などを進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.