> > 1台で太陽光発電のストリング・モジュールの劣化を診断できる装置

1台で太陽光発電のストリング・モジュールの劣化を診断できる装置

記事を保存

ミライト(東京都)は、音羽電機工業(兵庫県)、長谷川電機工業(兵庫県)と共同で、太陽光発電システムの発電性能をオンサイトで診断する「太陽光発電モジュール劣化診断装置 SolMaster(ソルマスター)」を開発した。

同製品は、1台でストリングとモジュールを診断でき、効率的な劣化モジュール特定が可能。2月25日~27日に東京ビッグサイトで行われる「第6回太陽光発電システム施工展」に参考出品される。

ミライトは、ミライト・ホールディングスのグループ会社で、ICTソリューション事業、環境・社会イノベーション事業などを手がける。環境関連では、太陽光発電、環境設備/EV充電器など新エネルギー関連工事も行っている。音羽電機工業は、耐雷関連製品の開発・製造・販売、エンジニアリング事業、デバイス事業、長谷川電機工業は、検電器・各種継電器等の開発・製造・販売を手がける。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.