> > 大分県、太陽光発電・水素エネルギー・エコアクション21のセミナー開催

大分県、太陽光発電・水素エネルギー・エコアクション21のセミナー開催

記事を保存

大分県は、環境マネジメントシステム・エコアクション21の仕組みやメリットを紹介する「環境ビジネス支援セミナー」、太陽光発電の現状と課題などを紹介する「太陽光発電NEXTセミナー」、水素利用によるビジネスチャンスの可能性を探る「水素エネルギーセミナー」を開催する。

各セミナーの概要は以下の通り。

「第4回環境ビジネス支援セミナー」

開催日

2月26日

内容

省エネや廃棄物の削減など、企業活動に共通する課題の解決につなげるため、環境マネジメントシステム・エコアクション21について、事例報告を交えて紹介する。

講演

環境マネジメントシステム~エコアクション21の仕組みとメリット~
 エコアクション21審査人 松下貞一氏

報告

エコアクション21導入による環境とテクノロジーの共存をめざして
 大分デバイステクノロジー代表取締役社長 安部征吾氏

場所は別府国際コンベンションセンター(別府市)。対象者は環境マネジメントシステムや環境貢献、経営改善等に関心がある県内企業や各種団体等。参加費無料。定員60名程度。参加希望者は申し込みが必要。

太陽光発電NEXTセミナー

開催日

3月16日

内容

固定価格買取制度の見直しや電力自由化など太陽光発電をめぐる大きな変化が予想される中で、その現状と課題を技術的な視点も踏まえて見つめ直すことにより、太陽光発電が進んでいく方向性を考える。

講演1

太陽光発の現状からあるべき未来を考える
 吉富政宣氏(吉富電気代表取締役、PVRessQ!隊員、日本太陽エネルギー学会会員、太陽光発電の直流電気安全基準策定委員会委員)

講演2

再生可能エネルギーでコミュニティパワーを引き出そう(仮)
 都筑建氏(太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)代表理事、太陽光発電の直流電気安全基準策定委員会委員)

場所はソレイユ(大分市中央町)。対象は大分県エネルギー産業企業会会員のほか希望する県内企業、県民。定員100名程度。先着順。参加費無料。交流会参加者のみ1,000円。参加希望者は3月9日までに申し込みが必要。

水素エネルギーセミナー

開催日

3月26日

内容

水素社会の到来を目前に、水素社会がもたらす効果や意義、先進企業による取組の最新動向、県内における水素利用の可能性について知ることにより、新たなビジネスチャンス獲得の可能性をさぐる。

講演1

水素社会の到来がもたらすビジネスチャンス~最新の技術動向を探る~(仮称)
 野尻辰夫氏(日立製作所ディフェンスシステム社 チーフプロジェクトマネージャ)

講演2

大分県における副生水素活用の可能性(大分県調査委託事業報告)
 神尾修氏(柳井電機工業企画開発室営業開発グループ スマートコミュニティ推進チーム主任)

場所はソレイユ(大分市中央町)。対象は大分県エネルギー産業企業会会員のほか希望する県内企業。定員100名程度。先着順。参加費無料。交流会参加者のみ1,000円。参加希望者は3月20日までに申し込みが必要。

【参考】
大分県 - 平成26年度 第4回環境ビジネス支援セミナーの開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.