> > 東京都の大規模事業所、CO2排出を23%削減 LED照明の導入などが貢献

東京都の大規模事業所、CO2排出を23%削減 LED照明の導入などが貢献

 印刷 記事を保存

東京都は、キャップ&トレード(C&T)制度の対象事業所による平成25年度のCO2排出量が、基準年度比で23%の削減を達成したと発表した。28度温度設定などの取組みは減少傾向にあるが、LED導入など新たな対策により前年度より1ポイントの削減となった。

また、都は、制度開始後初めて実施した、対象事業所に対する制度開始後の変化に関するアンケート結果により、推進体制の強化等が明らかになったと報告している。制度開始後のトップの関心の高まりや、積極的な高効率機器の採用等が、大幅かつ継続的な削減の要因となっていることがわかった。

(※全文:1,545文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.