> > 再エネファンドなどの「グリーン投資」 情報開示・評価方法で報告書取りまとめ

再エネファンドなどの「グリーン投資」 情報開示・評価方法で報告書取りまとめ

記事を保存

環境省は、3月5日(木)に開催する有識者会議で、再生可能エネルギー事業等のグリーン投資に関する情報開示の在り方について、報告書を取りまとめる。なお、本会議は公開で行う。

同省では、幅広い投資家によるグリーン投資を促進するため、再エネファンドについての投資判断に必要な情報開示等の在り方について検討する有識者会議、「平成26年度グリーン投資促進のための情報開示及び評価の在り方に関する検討会」を設置し、議論を重ねてきた。3月5日に、今年度最終回となる本検討会(第4回)を開催する。

本検討会では、昨年11月に「グリーン投資に関する情報開示および評価の在り方について(中間取りまとめ)」を取りまとめている。また、本中間取りまとめを踏まえ、グリーン投資に関する情報開示の在り方について、幅広く意見を聞くため、1月にフォーラムを開催している。フォーラムで寄せられた意見等も参考に、報告書を取りまとめる。

中間取りまとめでは、再エネファンドにおいて情報の開示を行うべきと考えられる事項を特定するため、再エネファンドの特性を分析し、再エネファンドにおいて特に重要となる情報について、調査・検討を行っている。また今後、下記の点などについて、更なる検討が必要と指摘している。

  • 投資家や、金融商品を組成する者が、具体的な開示イメージを持てるような一定のガイドライン等の策定を目指すこと
  • 再エネファンドに係る第三者評価や「グリーン」に関する検証を含めた第三者認証の在り方について
  • 幅広い再エネ事業への投資を促進する観点からは、技術類型の違いに起因する開示情報の相違について

第4回本検討会の概要は以下の通り。

日時

3月5日(木) 15:00~17:00
※終了時間は前後する可能性あり

場所

TKP東京駅大手町カンファレンスセンター 16階ホール16B(東京都千代田区)

議題(予定)

「グリーン投資に関する情報開示の在り方について(報告書)」(仮称) など

傍聴

傍聴を希望される場合は、電子メールにて申し込む。申込締切は、2015年3月2日(月)17時。申込み方法の詳細は、環境省のウェブサイトを参照のこと。傍聴可能人数は30名。申込者多数の場合は抽選を行う。

【参考】
環境省 - 平成26年度グリーン投資促進のための情報開示及び評価の在り方に関する検討会(第4回)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.