> > 三井住友海上、海外製の太陽光発電パネルに長期出力補償 秘密は監視装置

三井住友海上、海外製の太陽光発電パネルに長期出力補償 秘密は監視装置

記事を保存
三井住友海上、海外製の太陽光発電パネルに長期出力補償 秘密は監視装置

独太陽光発電エンジニアリング商社の日本法人、クラニッヒ・ソーラー(愛知県名古屋市)は、25日、三井住友海上火災と提携し、同社が供給する海外製太陽電池パネルに対して、20年間の出力補償サービスを開始すると発表した。

クラニッヒ・ソーラーは、高品質な太陽電池パネルに対し、パネルの状態が監視できるセンシング装置を付加し、太陽光発電パネルの状態を「見える化」することで三井住友海上火災と提携。出力補償サービスは三井住友海上火災保険の保険制度を活用した。海外製の太陽光発電パネルに対し、長期の補償サービスを日本の保険会社がサポートする取組みはほとんど前例がないという。

10kWを超える太陽光発電の固定価格買取制度は20年間にわたるため、製品に高い信頼性が要求される。また、太陽光発電パネルの出力は年々確実に減少していくが、各メーカーの補償値よりも性能劣化が大きい場合、想定していた売電収入が得られず、設備投資回収が遅れるリスクがある。

各メーカーで性能劣化に対する保証を出しているが、海外製の太陽光発電パネルの保証の実効性に疑問を有するユーザーもいる。また、一般に性能劣化を定量的に証明する方法は難しいため、従来は損害保険会社が長期の保証を引き受けることは難しいとされていた。

クラニッヒ・ソーラーは、この問題を解決するため、太陽光発電パネルの状態を監視するセンシング装置を導入。出力補償サービスと合わせて、長期にわたる太陽光発電パネルの出力補償の実効性を確実にするシステムとして構築した。各太陽電池パネルに設置したセンシング装置は相互にデータ通信を行いながら、パネル毎にMPPT(最大電力点追従)制御を行うため、影の影響やパネルの不具合に起因するシステムの出力低下の影響を極小化できるなどのメリットもある。

同社は太陽光発電パネル単体の出力保証サービスの他、太陽光発電システムの自然災害や火災、盗難のリスクをカバーする補償制度も三井住友海上火災保険と提携し、提供している。

クラニッヒ・ソーラー(Krannich Solar)は、太陽光発電システムのエンジニアリング商社として1995年ドイツに誕生。太陽光発電システムのエンジニアリングならびにプランニングを手掛け、クラニッヒ・ソーラーグループが携わった施工設備の総発電量は1GWを超えている。日本には2013年に初進出し、愛知県名古屋市に日本法人を設立した。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.