> > 三井住友海上、海外製の太陽光発電パネルに長期出力補償 秘密は監視装置

三井住友海上、海外製の太陽光発電パネルに長期出力補償 秘密は監視装置

 印刷 記事を保存

独太陽光発電エンジニアリング商社の日本法人、クラニッヒ・ソーラー(愛知県名古屋市)は、25日、三井住友海上火災と提携し、同社が供給する海外製太陽電池パネルに対して、20年間の出力補償サービスを開始すると発表した。

クラニッヒ・ソーラーは、高品質な太陽電池パネルに対し、パネルの状態が監視できるセンシング装置を付加し、太陽光発電パネルの状態を「見える化」することで三井住友海上火災と提携。出力補償サービスは三井住友海上火災保険の保険制度を活用した。海外製の太陽光発電パネルに対し、長期の補償サービスを日本の保険会社がサポートする取組みはほとんど前例がないという。

(※全文:1,009文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.