> > 来日! 変電所・送配電網をモニタリングして停電などを防止するシステム

来日! 変電所・送配電網をモニタリングして停電などを防止するシステム

 印刷 記事を保存

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、25日、変電所・送電網・配電網のモニタリングシステムの構築に最適なプラットフォームの提供を開始した。

再生可能エネルギーの導入による発電源の多様化、電力の売買などにより、電力品質が異なるものが、グリッド(変電所・送電網・配電網)に接続されるようになった。その結果、グリッドの安定性を担保するという課題が生じてきている。そこで、停電などを未然に防ぐためにグリッド全体のモニタリングが必要とされている。

今回、同社がリリースしたのは、変電所・送電網・配電網のモニタリングアプリケーションに特化したシステム「NI Grid Automation System」。ユーザ自身で独自の機能拡張が可能なプラットフォームとして提供する。

(※全文:1,137文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.