> > 丸紅、東洋紡の遊休地を借りて木質バイオマス発電 国内外の未利用材を使用

丸紅、東洋紡の遊休地を借りて木質バイオマス発電 国内外の未利用材を使用

記事を保存

丸紅は、福井県敦賀市でバイオマス発電事業を行うと発表した。同事業は、同社の100%出資の子会社である丸紅火力を通じ、同市内にある東洋紡(敦賀事業所第二事業所)の敷地内、約22,000平方メートルを賃借し、実施されるもの。事業主体は、丸紅火力が100%出資する敦賀グリーンパワー。2015年11月よバイオマス発電建設工事に着工し、2017年夏に運転を開始する予定だ。

同発電所は、国内外の未利用な木質チップを主な燃料とするバイオマス発電事所で、出力37MW、年間発電量は一般家庭約7万世帯の電力消費量に相当する規模となる。

環境保全策として、東洋紡の工場排水を再利用し、発電所からの排水はフィルターを通すことで、節水と水質保全に取り組む。また、近隣への防音対策も強化する予定だ。

なお同事業は、遊休地の活用方法を検討していた東洋紡と、発電所建設に必要なインフラが整った土地を探していた丸紅の意向が合致し、実施される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.