> > 福島県、風力発電の候補地調査・選定・導入促進を行う事業者を公募

福島県、風力発電の候補地調査・選定・導入促進を行う事業者を公募

記事を保存

福島県は、風力発電候補地の調査・選定・導入促進等を行う「風力発電適地選定に係る調査等委託業務」の受託者の公募を開始した。

この業務は、県内の法規制・環境条件・送電線の状況等を調査し、風力発電事業に適した候補地を選定するとともに、関係市町村・県関係各課・事業者等を構成員とした委員会を設置し、事業化検討を行い、その結果を風力発電適地としてまとめ、選定された適地について導入推進を図るもの。また、福島県沖で実施されている「福島復興浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」終了後の方向性についての検討も行う。

具体的には、調査対象地域の設定・現地調査・陸上風力概略設計(5カ所以上)、候補地調査、洋上風力に関する検討、委員会および検討会の設置・運営、報告書作成を行う。

委託期間は契約締結日から平成28年3月31日まで。予算額は2052万円以内(消費税・地方消費税を含む)。応募資格は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)地域新エネルギービジョン策定等事業など、これまで風力発電に関して何らかの調査業務の実績があること。応募期限は3月13日。なお、本事業の実施は、平成27年度予算の成立を前提とする。

【参考】
福島県 - 風力発電適地選定に係る調査等委託業務について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.