> > すごい断熱性能の省エネ住宅 ハウス・オブ・ザ・イヤー2014の大賞が決定

すごい断熱性能の省エネ住宅 ハウス・オブ・ザ・イヤー2014の大賞が決定

記事を保存
すごい断熱性能の省エネ住宅 ハウス・オブ・ザ・イヤー2014の大賞が決定

一般財団法人日本地域開発センターは、「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014」の大賞に、アエラホームの「クラージュ(プレミアム仕様)」、ヤマト住建の「エネージュUW」を選定した。

「クラージュ(プレミアム仕様)」は、屋根までアルミ箔面材付き遮熱断熱材ですっぽり包み込む外張断熱に加えて、屋根・壁には発泡ウレタンフォームによる吹付断熱を施した「外張W断熱」を採用。各種設備についても光熱費・CO2排出量削減に貢献する省エネ性能の優れたものを採用し、家全体で省エネを実現する。今回は、改正省エネルギー基準の地域区分における3~7地域での受賞となり、国内の幅広い地域において高性能住宅を提供していることが認められた。

エネージュUW

エネージュUW

「エネージュUW」は、断熱性能にこだわり、壁・屋根には外張り断熱と充填断熱を組み合わせた「内・外ダブル断熱」、床下の温度を一定に保つ「基礎断熱」、Low-Eトリプルガラスの「樹脂サッシ」を採用。断熱性能を示すUA値は地域区分1(北海道)の省エネ基準を上回る「0.27(W/m2・k)」を記録し、寒冷地においても快適な断熱性能を実現した。高い断熱性と気密性でエネルギー消費量を削減し、さらに太陽光発電などの創エネ設備を採用することより、エネルギー消費量をゼロ以下に抑えることが可能。なお、ヤマト住建は本制度において5期連続の受賞となり、大賞とともに優秀企業賞も受賞した。

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」は、建物躯体とエネルギー設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能の優れた住宅を表彰するもの。さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいの実現に貢献することを目的としている。評価のポイントは、外皮・設備の省エネルギー性能値、多様な省エネルギー手法の導入、省エネルギー住宅の普及への取り組み。今回は、大賞のほか特別優秀賞24件、優秀賞68件などが選定された。

【参考】
日本地域開発センター - 「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」2014受賞決定

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.