> > 電気自動車で「究極のBBQカー」! クラウドファンディングで出資者募集

電気自動車で「究極のBBQカー」! クラウドファンディングで出資者募集

記事を保存
電気自動車で「究極のBBQカー」! クラウドファンディングで出資者募集

日産自動車は、同社の電気商用車「e-NV200」をベースに5つの機能を追加し、電気自動車(EV)による「究極のスマートBBQカー」を実現するプロジェクトを開始した。同プロジェクトは、EVだからこそ可能なゴミゼロ・手間ゼロのスマートBBQを通じて、EVの楽しみを広く知ってもらうことが目的。

今回、国内大手自動車メーカーとして初めて『クルマづくり』にクラウドファンディングを活用し、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で同プロジェクトのための出資の募集を開始した。プロジェクト実施期間は3月30日まで。

現在「究極のスマートBBQカー」には、スイッチ1つですぐにBBQを始められる電気グリル、冷蔵庫、シンク付きキッチン、調理道具、生ゴミ処理機などを搭載。さらに、遊び道具、ミュージックプレイヤー等も収納されており、いつでもどこでもゴミゼロ・手間ゼロのスマートBBQが実現できる機能が備わっている。必要な電気はすべてこの車から供給される。

今回のプロジェクトでは、クラウドファンディングによる支援金額によって、現在ある機能に加え、超音波とアロマの効果で野外でも蚊をよせつけないための装置「Mosquito Barrier System(蚊バリア)」(300万円の支援で実現)や、一帯が瞬時に涼しくなる「Refreshing Mist Shower (爽快ミストシャワー)」(1,000万円の支援で実現)、スマートフォンで撮影した写真や動画をその場でクルマの窓に映し出す「Smartphone Linked Display(スマホ連携ディスプレイ)」(600万円の支援で実現)など、計5つの機能が追加されていく予定。

支援者には、金額によって、オリジナルステッカーやBBQイベント、シークレットゲストを呼んだパーティ、クルマレンタル権などを贈る。2,500万円を支援した人には、限定1名で夢の機能が実装された「究極のスマートBBQカー」のオーダーメイド提供を予定。

「e-NV200」は、「日産リーフ」に続く2車種目の量産型電気自動車。多目的商用バン「NV200」をベースに、e-パワートレインを組み合わせることで、NV200の室内の広さや多用途性と、EVならではの加速性と静粛性を兼ね備えた。最大1,500Wの電力を供給するパワープラグによって屋外での電源供給が可能。同社では今回、e-NV200をベースにした世界で初めてのEVによるBBQカーを誕生させた。

なお、「GREEN FUNDING(グリーンファンディング)」は、ワンモア(東京都)が運営する国内最大級のモール型クラウドファンディングサイト。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.