> > 燃料電池車などの普及促進、「自治体連携会議」が初開催

燃料電池車などの普及促進、「自治体連携会議」が初開催

 印刷 記事を保存

経済産業省は、2月24日に開催された「第1回燃料電池自動車等の普及促進に係る自治体連携会議」の概要を発表した。

この中で、「水素社会の実現に向けた取り組み」として、2015年度までに全国100箇所程度の水素ステーションの整備を目指すという目標のもと、整備・運営コストの低減、水素の安全性に関わる理解促進などを進めるとした。

また、「燃料電池自動車等の普及促進に向けた自治体と国の連携」として、水素ステーションの稼働率を上げるために、自治体や民間企業と連携することにより初期需要を生み出していくことも重要とし、さらなる規制の見直しとともに、技術開発支援、標準化等の施策を総合的に進めることが必要とした。

(※全文:1,322文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.