> > 愛知県のホームセンター、太陽光・LED・見える化でCO2排出量を70%削減

愛知県のホームセンター、太陽光・LED・見える化でCO2排出量を70%削減

 印刷 記事を保存

大和ハウス工業のグループ会社・ロイヤルホームセンター(大阪府大阪市)は、1990年時点の同社建築物と比較してCO2排出量を約70%削減できる、次世代環境配慮型ホームセンター「ロイヤルホームセンター 長久手店」をリニューアルオープンした。

同店は、経済産業省が実施した、平成25年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実証事業」に採択された建築物。自然の力を活かす「パッシブコントロール」や創エネ・省エネを行う「アクティブコントロール」、それらを適正に制御する「エネルギーマネジメント」を組み合わせた店舗。

具体的には、店舗の地中化による断熱性向上、断熱効果の高い高断熱複層ガラスの採用、太陽光発電システムの導入、ひも付きのパーソナル照明などLED照明の導入、人感センサーによる照明の消し忘れを防止、BEMSを利用したエネルギーの見える化などを行っている。詳細は下記の通り。

(※全文:1,139文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.