> > 人・車がいる時だけ明るさ100% 屋外駐車場向けLED調光照明

人・車がいる時だけ明るさ100% 屋外駐車場向けLED調光照明

記事を保存
人・車がいる時だけ明るさ100% 屋外駐車場向けLED調光照明

オプテックスは、屋外駐車場向けLED調光照明「LC−11000SW」を3月9日から販売開始する。同製品の用途として想定される駐車場の規模は、駐車台数20台以上の月極、時間貸、商業施設などの中規模から大規模のもの。

屋外駐車場ではLED照明の標準化が進んでおり、消費電力削減による環境配慮型の駐車場が増加しているが、駐車場の利用有無にかかわらず夜間LED照明が点灯しており、隣接する住宅や店舗への光害のない管理と運営が求められている。

同製品は、人感センサーにより、車や人の動きを検知した時だけ100%の明るさにし、利用者がいない時は減光する調光機能が搭載されている。これにより、必要時に最適な照度を提供し、省エネを実現しながら夜間駐車場が運営できる。

また、10段階の照度調整はリモコンで簡単に設定できるため、周辺の住宅や店舗の声に素早く対応できる。塩害対策も施された仕様だ。

同社は、2012年より駐車場専用LED照明に注力しており、駐車場管理・運営会社の抱える課題を解決するような製品を発売してきた。前機種の小規模コインパーキング専用の節電照明システムは、約2,000ヵ所のコインパーキングに採用されている(2015年2月現在)。同新製品について、同社は年間3,000台の販売を見込んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.