> > 宇宙太陽光発電、一歩前進 三菱重工が地上で500m・10kWの無線送電に成功

宇宙太陽光発電、一歩前進 三菱重工が地上で500m・10kWの無線送電に成功

 印刷 記事を保存

三菱重工業は、12日、神戸造船所(兵庫県神戸市)内において、将来の発電システムとして期待が懸かる「宇宙太陽光発電システム(Space Solar Power System:SSPS)」の中核技術として開発が進められている無線送電技術の地上実証試験を実施し、長距離の無線送電に成功したと発表した。

具体的には、送電ユニットから10kWの電力をマイクロ波で無線送電し、500m離れた受電ユニット側に設置したLEDライトをその電力の一部を使って点灯させることに成功した。無線送電距離としては500mは国内最長で、10kWも国内最大電力。また、ビームが受電ユニット以外の方向へ放射することのないように制御する先進の制御システムの適用試験も実施し、問題のないことを確認した。

無線電力伝送技術は、これまでケーブルをつないで電気を送っていたものを、無線化する技術。宇宙太陽光発電システム向けに開発が進んでいる無線送電技術は電波放射型といわれるもの。

(※全文:872文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.