> > 三菱重工と東邦ガス、発電出力450kWのガスコジェネシステム発売 効率81%

三菱重工と東邦ガス、発電出力450kWのガスコジェネシステム発売 効率81%

記事を保存
三菱重工と東邦ガス、発電出力450kWのガスコジェネシステム発売 効率81%

三菱重工業と東邦ガスは、発電出力450kWのガスエンジンコージェネレーションシステムの新製品を共同開発し、4月1日より販売を開始する。

同製品は、従来製品の380kWガスコージェネをベースに開発され、燃焼の最適化や高効率部品の採用などにより高出力化し、発電効率42%を実現した。また、混合気を冷却し空気密度を高めるためのインタークーラーを従来品の1段から2段に増やし熱回収を行うことで、総合効率81.5%に向上させた。

インタークーラーを従来品の1段から2段に増やし、効率化を図った

インタークーラーを従来品の1段から2段に増やし、効率化を図った

さらに、排ガスに含まれる差窒素酸化物を無害化する脱硝設備が不要であり、従来品と比較し、投資回収年数の短期化が可能だ。また、製品本体をコンパクト化したことで設置スペースも約20%削減できる。

両社は、本製品を病院や商業施設、オフィスビル、工場などに提案し、ガスコージェネの更なる普及促進をはかりたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.