> > アウトレットの駐車場に「カーポート型」太陽光発電システム

アウトレットの駐車場に「カーポート型」太陽光発電システム

記事を保存
アウトレットの駐車場に「カーポート型」太陽光発電システム

オリックス(東京都港区)と豊通ファシリティーズ(愛知県名古屋市)は、独自開発したカーポート型太陽光発電設備(PVカーポート)を共同で販売する。

同設備は、ドイツの太陽光架台メーカー・Schletter GmbH(シュレッター)社製のPVカーポートを日本の建築基準法に対応させたもので、立地条件に合わせて選べる4タイプを用意。両社は、日本での販売代理店として、導入の提案から設計・施工、導入後のメンテナンスまでワンストップで提供する。

豊通ファシリティーズ株式会社とSchletter GmbH社が共同開発した 日本建築基準法対応PVカーポートのラインナップ

豊通ファシリティーズ株式会社とSchletter GmbH社が共同開発した
日本建築基準法対応PVカーポートのラインナップ

第一弾として、カリモク家具(愛知県知多郡)の緒川アウトレット(愛知県知多市)の駐車場の一部84台分に189kWのPVカーポートを導入した。初年度の年間予想発電量は193,890kWh。発電した電力は中部電力に売電する。

PVカーポートは、主に平置き駐車場のスペースを有効活用しながら太陽光発電設備を導入でき、環境負荷の低減だけでなく、遮熱効果や悪天候時の雨よけとして駐車場利用者の満足度向上につなげることができる。また、設備投資コストを売電収入でまかなうことが可能となり、通常のカーポート導入と比較しても投資効率を高めることができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.