> > メガソーラーに大型蓄電システム 鹿児島県の離島でも系統接続可能に

メガソーラーに大型蓄電システム 鹿児島県の離島でも系統接続可能に

 印刷 記事を保存

御船ホールディングス(大阪府大阪市)は、サムスンSDI(韓国)が開発した大型リチウムイオン蓄電池を併設した「御船徳之島太陽光発電所」を鹿児島県大島郡に完成させた。

御船徳之島太陽光発電所の全景 平成27年2月撮影

御船徳之島太陽光発電所の全景 平成27年2月撮影

同発電所では、2MWの太陽光発電パネルに780kWhの大型リチウムイオン蓄電池が接続されている。蓄電池には2MWの双方向パワコンが接続されており、太陽光発電パネルの2MWのパワコンと合わせてEMS(エネルギー・マネージメント・システム)が出力変動を制御する。出力を安定化させることにより系統への影響を最小化するこができるため、離島という閉じられた電力系統にメガソーラーを接続することができ、固定価格買取制度(FIT)を活用した売電も可能になった。

(※全文:984文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.