> > TOTO、143億円かけて自社工場を超省エネ化 LED照明や外壁塗布など

TOTO、143億円かけて自社工場を超省エネ化 LED照明や外壁塗布など

 印刷 記事を保存

TOTO(福岡県北九州市)は、国内衛生陶器生産工場の老朽化設備更新のため、TOTOサニテクノ中津工場(大分県中津市)に新たな衛生陶器生産工場棟を建設する。

新工場棟には、最新式のファイバー窯・LED照明など高効率機器の導入や、同社独自技術である環境建材「ハイドロテクトカラーコート」の外壁塗布などを実施し、従来工場と比較してCO2排出量を40%削減する。CO2排出量削減効果は、省エネ窯導入・排熱利用4,545t/年、成形工程・新空調方式導入614t/年、高効率機器導入308t/年、LED照明・人感センサー66t/年、ソーラーパネル・ハイドロテクトカラーコート41t/年で、合計5,574t/年にのぼる。

(※全文:593文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.