> > 熊本県、燃料電池車関連産業のため普及計画を策定 普及ペースも細かく試算

熊本県、燃料電池車関連産業のため普及計画を策定 普及ペースも細かく試算

 印刷 記事を保存

熊本県は、燃料電池自動車(FCV)および水素ステーションの初期需要創出、関連産業の育成・振興などを図るため、「熊本県燃料電池自動車普及促進計画」を策定した。

この中で、FCV販売開始から15年後の2030年に、県内における普及台数は約8,000台に到達すると予測した。また、最初の水素ステーション(商業用)は、熊本市中心部から国道57号(東バイパス)・県道36号線(第2空港線)付近までの幹線道路沿いが適地とした。

(※全文:1,237文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.