> > リネットジャパン、浜松市とも協定 パソコン・小型家電の宅配便回収スタート

リネットジャパン、浜松市とも協定 パソコン・小型家電の宅配便回収スタート

記事を保存
リネットジャパン、浜松市とも協定 パソコン・小型家電の宅配便回収スタート

リネットジャパンは、浜松市との協定を締結し、3月26日(木)から宅配便を活用した使用済小型家電の回収サービスを開始した。事業者と市との協定締結は、静岡県内の自治体初。

サービスの概要は以下の通り。

  • 利用者はインターネットから申し込み後、希望日時に佐川急便が自宅まで家電回収に荷物を取りに来る。
  • 対象品目は、パソコンを中心に400品目以上、殆どの家電製品が対象である。
  • 回収料金は、ダンボール箱(縦49.5×横30.5×高さ48センチ)に入れば何点入れても1箱880円(税抜)。
  • また、パソコンの回収の場合、データ消去ソフトを無料で提供。それも不安・面倒な方には1台1600円(税抜)で消去証明書を発行するサービスもある。
  • リネットジャパンは、 2014年1月に、環境省・経済産業省から小型家電リサイクル法の再資源化事業計画の認定を取得した。全国エリアを対象とする事業者では第1号の認定であり、小型家電リサイクル法に基づく全国初・国内唯一の取り組みとして、使用済小型家電の宅配便回収サービスを開始している。

    連携効果について

    連携効果について

    小型家電にはレアメタル等の有用な金属が多く含まれているが、有効に活用されることなく、埋め立てや海外で不適正処理されてきた。これらの資源を有効に利用し適正な処理を図るために2013年4月から「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(小型家電リサイクル法)」が施行され、国の認定業者や各自治体による小型家電の回収・処理が始まっている。

    利用者アンケート

    利用者アンケート
    市町村の回収方法※との比較
    ※不燃ごみ・粗大ごみ・資源ごみ・小型家電ボックス回収との比較

    浜松市は3R(リデュース=発生抑制、リユース=再使用、リサイクル=再生利用)を推進しており、新たな取組として、小型家電リサイクル法施行前の2013年3月よりボックス回収をスタートしていた。しかし、市民がボックスまで持ち込めない等の理由から、回収量を拡大するには課題があった。今回の連携により、浜松市は全体の回収量の底上げが見込め市全体のごみ減量にも期待できそうだ。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.