> > 国交省、港湾における洋上風力発電施設等の技術ガイドライン(案)を公表

国交省、港湾における洋上風力発電施設等の技術ガイドライン(案)を公表

記事を保存
国交省、港湾における洋上風力発電施設等の技術ガイドライン(案)を公表

国土交通省港湾局は、洋上風力発電施設の導入に関して、占用許可の審査の際の技術的な判断基準となる「港湾における洋上風力発電施設等の技術ガイドライン(案)」を取り纏め、公表した。

港湾区域に洋上風力発電を導入する際には、港湾管理者が、洋上風力発電施設を設置する適地を設定し、その適地を港湾計画に位置づける必要がある。その後、公募により発電事業者が選定され、その事業者が発電施設を設置する水域の占用を申請することとなる。この申請に対し、港湾管理者は内容が適切かどうか判断する。

そこで、洋上風力発電の導入の拡大を図っていく国土交通省港湾局は、洋上風力発電の港湾への円滑な導入を進めるため、「港湾における洋上風力発電の導入円滑化に向けた技術ガイドライン等検討委員会」において、洋上風力発電施設の構造安定性や船舶航行の安全性の確保について議論し、今般、「港湾における洋上風力発電施設等の技術ガイドライン(案)」として取り纏めた。

「港湾における洋上風力発電施設等の技術ガイドライン(案)」は、5章構成となっており、第1章に総則、第2章に洋上風力発電施設を設置する適地を港湾管理者が港湾計画に位置づける際に考慮する事項、第3章以降は港湾管理者が占用許可の審査の際に確認する事項であり、第3章に洋上風力発電施設と港湾施設等との離隔や、洋上風力発電施設の捕捉・識別性を高める塗色や灯火等、第4章に維持管理計画、第5章に緊急時対応計画について定めている。

【参考】
国土交通省 - 港湾における洋上風力発電施設等の技術ガイドライン(案)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.