> > ここに「再エネ×地方創生」のノウハウが集結 環境省のモデル地域17カ所が選定

ここに「再エネ×地方創生」のノウハウが集結 環境省のモデル地域17カ所が選定

 印刷 記事を保存

環境省は今年3月に公募していた「低炭素・循環・自然共生」地域創生実現プラン策定事業の実施に係る「モデル地域」について、17の地域をモデルとして選定したと発表した。また、それらの地域で新規事業「低炭素・循環・自然共生 地域創生実現プラン策定事業」を開始した。

選定された17地域の提案内容は、11地域が木質バイオマス利用の取組、8地域が廃棄物や下水処理のエネルギー利用、4地域が省エネ、3地域が地熱・地中熱利用を掲げるなど、バラエティ豊かな取組となった。

環境省では、この取り組みが広く伝わることで、民間企業からも本モデル地域における積極的な新規ビジネスの参入にも繋がればと期待する。今回選定された地域は以下の通り。

(※全文:926文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.