> > 淡水性のラン藻を海水で培養 理研、生産できるアミノ酸が増えることも確認

淡水性のラン藻を海水で培養 理研、生産できるアミノ酸が増えることも確認

 印刷 記事を保存

理化学研究所(理研)は8日、淡水性ラン藻の海水培養に成功したと発表した。また、海水培養の際に、リシンやオルニチンなどのアミノ酸量が大幅に増加することを明らかにした。

今回の成果は、ラン藻を使った有用物質生産の実用化に向けて、淡水利用の削減や、アミノ酸などの効率的な生産につながると期待される。

本研究の背景について

微細藻類を用いて糖やアミノ酸などの有用物質や代替エネルギーをつくることは、低炭素社会の実現につながる可能性があるため、注目されている。ラン藻は光合成を行う細菌で、植物や藻類と同じように、光エネルギーを利用して水を分解し、そのエネルギーでCO2から糖をつくる。糖だけでなく、アミノ酸やバイオプラスチック、色素など、付加価値の高い物質を生産することも可能となってきている。

しかし、研究で広く使われているラン藻は、淡水でしか培養できないという問題がある。日本は淡水源が豊富だが、世界的に見ると淡水は貴重な資源である。淡水を使わずにラン藻を培養することができれば、実用化に向けた大きなステップになる。

(※全文:1,667文字 画像:あり 参考リンク:あり

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.