> > ドローンで太陽光発電パネルの点検が可能に 小型・軽量のサーモカメラ発売

ドローンで太陽光発電パネルの点検が可能に 小型・軽量のサーモカメラ発売

記事を保存
ドローンで太陽光発電パネルの点検が可能に 小型・軽量のサーモカメラ発売

日本アビオニクス(東京都品川区)は、太陽光発電パネルの点検にも活用できる、小型・軽量の赤外線サーモグラフィカメラ「リモートサーモカメラ」のプロトモデル(試作機)を開発し、テスト販売を開始した。

同製品は、マルチコプター(通称/ドローン)や災害用ロボットなどの無人機への搭載を目的に開発されたもの。本試作機は、400gの小型・軽量ボディに200万画素の可視カメラとSDカードスロットを内蔵。320×240画素の高性能な赤外線画像センサを搭載し、温度分解能0.04度の高画質な熱画像を取得することができる。

(写真左)リモートサーモカメラの外観イメージ、(写真右)マルチコプターとの組み合わせによるビル外壁診断風景

(写真左)リモートサーモカメラの外観イメージ、
(写真右)マルチコプターとの組み合わせによるビル外壁診断風景

画像データは、本体のSDカードに直接記録できるため、無人機搭載時に画像データを無線伝送する際の通信障害などによるデータ欠落の心配がない。パソコンに大量の通信データを記録する必要がなく、必要なデータのみをSDカードに記録できるため、効率的なデータ解析が可能。

想定アプリケーションイメージ

ソーラーパネルの点検

ソーラーパネルの点検

構造物の剥離診断

構造物の剥離診断

記録モードは、「ワンショット」、「インターバル(最速3秒~)」、「動画(最速10フレーム/秒~)」の3モードがあり、外部信号による記録の開始・終了や、コマンドによるフォーカスなどの遠隔制御にも対応している。「ワンショット」、「インターバル」モードでは、熱画像と同じアングルの可視画像を記録することができる。ビデオ出力により、カメラの映像を地上からモニタリングすることも可能(別途、伝送装置が必要)。

同社は、本試作機の開発により、太陽光発電パネルの点検、コンクリート橋梁やビル外壁の診断から火山監視などの高温状況調査まで、無人機との組み合せにおけるフィールドソリューションを強化し、新たな領域での社会貢献を目指す。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.