> > 宮城県、「断熱リフォーム」に補助金 最大35万円

宮城県、「断熱リフォーム」に補助金 最大35万円

記事を保存
宮城県、「断熱リフォーム」に補助金 最大35万円

宮城県では、既存住宅の断熱を目的としたリフォームに対し、施工費用の一部を補助する。事業名は「平成27年度既存住宅省エネルギー改修促進事業補助金」。

同制度の補助対象者は、同県内に住宅を所有する個人または健全な経営状況にある法人(貸家個人事業主を含む)で、さらに同県が運営する「わたしのe行動(eco do!)宣言」の登録を行うことが必要だ。

補助対象となる住宅は、補助対象者自身が所有する同県内の住宅・共同住宅で、居住に使用されていること、または今後居住することが確実であることが条件となる。

補助対象となる工事は、下記のとおり。

  1. 外気に接する窓等開口部の断熱改修工事
  2. 屋根(小屋裏又は天井裏が外気に通じているものを除く。)またはその直下の天井、外気または外気に通じる小屋裏もしくは天井裏に接する天井の断熱改修工事
  3. 外気に接する壁の断熱改修工事
  4. 外気または外気に通じる床裏に接する床(外周が外気等に接する土間床等)の断熱改修工事

補助率は、断熱改修工事費の1/10以内の額(千円未満切り捨て)。上限額は工事により異なり、上記01.の場合は1棟あたり10万円、02.から04.のいずれか、または全部を行う場合は1棟あたり25万円、01.と02.から04.のいずれか、または全部を同時に行う場合は1棟あたり35万円が上限額となる。

同補助金の申請受付期限は、2016年2月29日まで。なお、補助金交付額の合計が予算額に達した場合、期限前でも受付は終了となる。

同県が取り組む「わたしのe行動(eco do!)宣言」とは、同県民や事業者が、日々の生活で実践できそうな環境配慮行動を、25の項目から選択・宣言し、実行していくことを目指した活動だ。

同県では、家庭からの二酸化炭素の排出量が年々増加しており、削減対策が課題となっている。

【参考】
宮城県 - 平成27年度既存住宅省エネルギー改修促進事業補助金について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.