> > 温室効果ガス、2030年度に13年度比26%削減 政府が新たな目標案を発表

温室効果ガス、2030年度に13年度比26%削減 政府が新たな目標案を発表

 印刷 記事を保存

政府は30日、2030年度までに日本が排出する温室効果ガスを、2013年度比で26%削減する目標案を発表した。

2030年におけるエネルギーミックス(電源構成)も踏まえ、裏付けのある省エネ対策・施策による実現可能な削減量を積み上げ、国内の排出削減・吸収量の確保により実現可能な削減目標としてまとめたと説明する。

政府は、経済産業省と環境省の合同審議会において、COP21に先立ち国連へ日本が提出する2020年以降の温室効果ガス削減の目標等の取組み(約束草案)について検討を行ってきた。今回発表された削減目標案は、30日に開催された本会合で示された。

(※全文:1,314文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.