> > 民間企業が電気自動車の急速充電器に補助金 毎月の電気料金も8年タダに

民間企業が電気自動車の急速充電器に補助金 毎月の電気料金も8年タダに

記事を保存
民間企業が電気自動車の急速充電器に補助金 毎月の電気料金も8年タダに

ファブスコ(福岡県福岡市)は5月20日、電気自動車(EV)用急速充電器設置購入者に、国の補助金とは別に約120万円から最大280万円まで費用補助する事業を開始し、代理店と設置検討者を募集する。

本事業は、同社が設備運営を行い、設置事業者との共同利用を条件とするもので、課金による収入収益は設置事業者が受け取ることができる。対象は、主に中部・西日本地区において、代理店から充電設備を購入設置する事業者や道の駅。費用補助とは別に、月々の電力基本料金も同社が8年間負担する。これらにより購入時の費用負担がほぼなくなり、ランニングコストも大きく低減できる。補助金の申請手続きや折衝なども同社が代行する。

また、オプションとして設備の保守管理をファブスコの子会社が相場価格の半分以下で一括管理を請け負うことができ、月1回の巡回整備や夜間・緊急時の駆付けサービス、コールセンターの設置なども可能。オプション付帯の事業者へは、充電器本体の8年間保証も付属する。2年以内には全機種に対し、非接触式の電子マネー対応に同社全額負担にて仕様変更できるように関係先と調整を行っており、設置者と自動車ユーザー双方の利便性拡大を促進する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.