> > 木質バイオマスなど農村資源で地方創生するには? 宮崎県でイベント開催

木質バイオマスなど農村資源で地方創生するには? 宮崎県でイベント開催

 印刷 記事を保存

一般社団法人太陽経済の会(東京都千代田区)は、5月18日(月)に、宮崎県児湯郡川南町で、地域活性化・林業・木の文化・農畜産業など様々な視点から川南町をはじめとする宮崎県内各市町村の更なる発展・地域エネルギーを考えるイベント「太陽経済 かわみなみ会議」を開催した。

本取組みは、2015年4月1日に川南町で稼働開始した5.75MWの木質バイオマス発電所「宮崎森林発電所」をきっかけに始まった。本発電所の稼働をきっかけに国、県、町、林業・農業・畜産業などの産業、文化に関わる人がつながり、地域の活性化を図ることを目的としている。

本会議には、各分野のスペシャリストが集まり、川南町役場や地元関係者の方々を中心に約180名が参加し、「再生可能エネルギーをもとに展開する地域循環」をテーマに議論を展開した。

「森から始める地域の成長」をテーマにしたパネルディスカッションでは、「日本の木材を有効に活用する、林業の活性には木質バイオマス発電は重要」「課題は今まで活用されていなかった林地残材の活用、木材の安定供給で地域に利益を残すスキームを作ること。林業生産活動を循環させ、次世代へ資源を継承すること」などの意見が寄られた。

(※全文:1,196文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.